外国人採用、アジア進出に関するご相談は福岡市中央区の行政書士オフィスフラットまでご相談下さい。

行政書士事務所 office FLAT

営業時間9:00~18:00

定休日土・日・祝

お問い合わせ

ブログ

ビザ情報の記事一覧

事業再構築補助金の第二次の応募が開始されました!...

事業再構築補助金のご案内です。 事業再構築補助金の第二次の応募が2021年5月20日(木)より開始されました。 申請の受付は、2021年5月26日(水)を予定しています。   新型コロナウィルスの影響が長期化し、当面の売上や需要の回復が難しい企業に対する補助金です。 新型コロナウィルスの影響により、売り上げが前年比と...

福岡市 感染症対応シティ促進支援金について

新型コロナウイルスの感染予防を図るため、主に来客接客を伴う事業者を対象として、感染症対策強化に対して、「感染症対応シティ促進支援金」を支給し、安全安心な店舗環境、経済活動の維持、地域経済の活性化を目指し、福岡市が感染症対策に取り組む市内店舗等を支援します。 支援金の上限額は60万円、申請期間は2021年3月10日から2021...

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について...

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について、2021年4月16日(金)より申請開始となりました。 コロナウィルス感染症感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するため、経費の一部...

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の採択通知書が届きました!...

中央区で居酒屋を経営をしている会社からの依頼でした。 この補助金を使ってコロナ対策と、テイクアウト事業を行いたいとのことでした。 当事務所で事業計画書を作成し申請を行いました。 新たな取り組みへの投資へ100万円、コロナ対策への投資に50万円 が補助金として交付されます。 補助金に関するご相談はオフィスフラット...

中小企業等事業再構築促進事業等について

企業の思い切った事業再構築を支援する補助金です。 新型コロナウイルスの影響で本業の売上が下がり、他業種へ参入するときに利用できます。 当事務所ではビザ手続きだけでなく企業の経営支援も行っています。 お気軽にご相談ください! 這次的補助金來自政府支持公司決定重整業務的計畫。 受新冠肺炎影響業績而想調整營業型...

外国人生活支援ポータルサイト「生活・就労ガイドブック」について...

日本に在留する外国人の方やその支援者の方に対して、 法務省のホームページに「外国人生活支援ポータルサイト」が開設されています。 在留資格を取得し、日本において外国人の方が安心して暮らし、働くためには、 日本のルール・習慣等に関する情報を正確かつ迅速に得られることが重要です。 ポータルサイトには、「生活・就労ガイ...

福岡市新規創業促進補助金について

2020年9月25日より、福岡市ではスタートアップ支援の一環で「福岡市新規創業促進補助金」を創設しました。 募集期間は、2020年9月25日から2021年3月31日までです。   事業を営んでいない個人又は開業届の提出日から5年を経過していない個人事業主で、2020年9月15日以降に新たに会社を設立する方を対象としており...

日本の大学等を卒業した外国人による起業のための在留資格「特定活動」について...

「出入国在留管理庁:留学生の起業促進について」 日本の大学卒業後に起業を希望する留学生のための在留資格「特定活動」の創設が予定されています。 ・国が対象としている下記大学を卒業していること(詳細は、文部科学省のホームページをご覧ください) ■文部科学省:「留学生就職促進プログラム」の選定結果について h...

経営管理ビザの申請要件について

在留資格「経営管理」(経営管理ビザ)の申請をする際、事務所の確保が要件となります。 事務所は、短期間の賃貸スペースや屋台等は認められません。 賃貸で事務所を借りる場合は、契約の名義も「法人」名義で行う必要があり、 賃貸借契約に「事業用・店舗・事務所」目的であることを記載する必要があります。 ただし、住居を住居兼事務...

スタートアップビザ(外国人創業活動促進事業)について...

「スタートアップビザ(外国人創業活動促進事業)」は、外国人の創業を促進するために、国家戦略特区に指定されている福岡市で特例的に認められた制度です。 日本で起業を希望する外国人が「経営・管理」の在留資格を取得するためには、入国管理局への申請時に、事務所を開設したり、その経営又は管理に従事する者以外に日本に居住する二人以...

ページ先頭へ